« 2015年 | トップページ | ハイレゾポルノ »

2015年1月 7日 (水)

クラプトン

2001年のクラプトンの武道館の映像をワイン片手に鑑賞してて、
クラプトンが偉大なのは、社会と関係を持ち続けたことなのではないかと思い至った。

我々は社会、、、ま、つまり他人との関係にいつも心をくだいてる。
人とは繋がりたいが、人との繋がりにいつも疲れる、といった自給自足みたいな悩み。

その解決策としての、繋がることは繋がるが、ユルく。この辺の塩梅。

facebookのいいね!の感じ。twitterのリツイート的な。
会釈というか、今度飲みにいきましょうよ、みたいな社交辞令を間に挟んだ関係。

だって他人に自分の全部をさらけだして、なんてめんどくさい、リスクはあるし、
逆にさらけだされても、重いし。。
とにかく他人とはいい時はいいが、悪い時は本当めんどくさい。
わかるでしょう?

で、クラプトン。2001年。この時点で長いキャリア。
紆余曲折ある彼の人生で、人前に出れないほどの時期もあったけれど、いつも他人との関係の中に戻ってきた。友人であり、ファンであり、音楽であり。
めんどくさく、くそ素晴らしいつながりの中に。
他人との関係を飽くことなく続けてきたことが、名曲、そして名演になってるのではないかと。
共有。
ポピュラリティ。


「ジョージに」
といって、この時なくなったジョージハリスに捧ぐ'Badge'

|

« 2015年 | トップページ | ハイレゾポルノ »