« 終戦記念日 | トップページ | うどん食べ過ぎた。三杯。 »

2014年8月20日 (水)

ホワイトファルコン

【ホワイトファルコン】

グレッチ社製の白いボディがイカした「世界で一番美しい」ともいわれるカッコいいギター。
僕はそのヴィンテージを持ってまして。
60年だか62年だかもっと前だったか。
不勉強と記憶力のなさで、いったい何年製かは忘れたけど、めっちゃ昔のだということは、
その、今にも”ゔぉがーーんっ!!”で破裂しそうなボロい風貌が物語っているわけで。
まるでアメリカのバーのショウケースに飾りとして長いこと置かれてたような。
一部、弦のびびりもあるし、オクターブピッチなんざ合わせるなんて夢のまた夢みたいなギターなんだけど(←俺のは)
例えば、使える一音だけでも、ホント圧倒的な音なんで(←俺のは)レコーディングや、ライヴの一曲でだましだまし使ってたわけだけども。
最近さすがにどうしようもなくなってきたんで、いつもギターのメンテ等でお世話になってるビルダーの方に調整の依頼をしました。
そのビルダーの方が経営する店に、こないだ、ローズネックの黒いテレキャスカスタムを買ったついでに、作業の進捗を見せてもらうと…。
ブリッジの位置が変わってるー!!
ついてた部品が取り外されてるー!!←ま、これ意味の分からん部品だったけれどもー!なんかいい音に関係しそうな気がする部品だったけれどもー!
俺『と、とったんですね?』
ビルダー『うん、あれいりませんもん、ついでに意味の分からん穴も埋めときました』
俺『‥。ん??』
フレットが打ち変えられてるー!!
とにかくなんか大手術されてるーー!
「調整」じゃねー。
大手術を受けてるとこは、どうやら前のオーナーが改造したところっぽいが。。
俺の持ってるギターの中でも何番目かに高価なヴィンテージギターが。。

でも

ビルダーの師曰く、「100倍いい音とするようになりますから」
それを

信じる!

っきゃナイト。

|

« 終戦記念日 | トップページ | うどん食べ過ぎた。三杯。 »