« 2012年4月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月22日 (金)

ハイドロプレーニング現象って?

僕たちは自動車学校で勉強しました。

カーブを曲がるとき、前輪よりも後輪の方が内側を通る、それを「内輪差」という。

みたいなのも教えてもらいましたが、

「スピードが上がれば上がるほど、視界はせまくなる」なんてことも習いました。

スピードが上がると運転手の視界は、左右の視界が狭まって、中心だけに視点が置かれるんでした。


別の話。


年齢を重ねると、

「時間が早いねー」なんて。

早い。
早くなる。
スピードが上がってる。

だから、か

視界は狭くなってるんだけど、

その分、

何をしなくちゃいけんないのか、見えてきた、とも言えなくもない。

可能性は、若人ほどあるというのは、必ずしもそうじゃないかも。


例えば料理で、

使い方がわからん、名前も読めないようなスパイスの小瓶(成城石井にいっぱいあるような)がなんぼあっても、それが可能性を広げるとは限らん。

自分が理解した調味料が5つあれば、どんな料理にも応用できるみたいな。

そんなのがいい。


で、

今、俺の視界の中心見えてるものが、そうなのかな。

|

2012年6月13日 (水)

目がかゆい。

よく言う、こと。自分がその年になってみた時。

20歳って、自分が子供の頃もっと大人だったって。
30歳って、自分が子供の頃もっとおじさんだったって。
40歳って‥。

これって、自分のイメージする年齢像と比べて、人間的成長が追いつかず、こんなはずじゃなかったのにと思って言うのか。
それとも、人間的成長が追いついてない不甲斐ない自分を演じながら、未熟=若さをアピールするのか。

まあ、どちらでも。

これとは関係ないけど、

原発は、間もなく、動くんでししょうか?
動かそうとしてるんでしょうか?

それって、大人って賢明な判断をしてると、判断していいんでしょうか?

と、信じていいんでしょうか?

子供のころは、大人の言う事って、耳やかましいが、悔しいながら筋が通ってたりするもんだったけども。

今回もそう思っていいんでしょうか?

動かすべきではないと言えば、そういうならお前は電気をつかってないんかい!ということになるんでしょうか?

でもそれは、自分の金やなんやらも全部寄付しないと、アフリカの飢餓を憂う資格はないという論理じゃないでしょうか。

僕は僕の道筋で考えますが。

まあ、

どうにもこうにも、

遅かれ早かれ、

うーん、

今すぐに、原発はんたーいって叫ぶほどの覚悟のない凡夫たる僕は、

中庸で言うが、

自分らがどうにもこうにもコントロールできないもの、
つまり原子力、

は、いずれお別れするもんだと。

その準備は必要なんじゃないかと思う。


話は変わるが、現代の三大ギタリストに数えられる、ジョンフルシアンテはレッチリのアルバムレコーディング最中のギターダビング中に勃起したと。
エクスタシーを感じたと。

自分が子供の頃は、

30歳って、ギターとか弾いてる場合の歳ではなくて、スーツ着て、と思ってたけど。

最近になって、ジョンの気持ちもほんの少しわかる。

ギターばっかり弾いてる毎日。

ライブも一杯。

エクスタシー

です。


|

« 2012年4月 | トップページ | 2012年7月 »