« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月27日 (月)

時代は変わったということを念頭に置いて

いろんな意見があって、勉強になります。
こんなことを、ここだけじゃなくて、普段、昼休みにでも、挨拶がわりにでも、晩飯時でも、話のネタとして継続的に考えていかないと。
このブログを、政治フォーラムにしようとは思ってないので、これまで通り、しょうもない記事もアップしますが、それも含め、引き続き、思ったことを書いていきます。

コメントの中で一部の挑発的な表現を削除しました。
ここが政治フォラームなら、その行為に問題もあるかもしれないけど、そうじゃないので了承してください。

| | コメント (400) | トラックバック (21)

2010年9月25日 (土)

改めて

俺が、昨日やその前に書いたことは、今、盛んに報道されてこと、新聞の社説、評論家の意見と、特に代わり映えもしないことだけれども。
天下国家を語るのが、どこかきな臭かった時代。
おそらく、日米安保のことで、学生運動の一端ががあらぬ方向に進んでしまった経験からなのだろうけど。
政治問題を発言するべきではないとされてる(誰に規制されてるわけではなく、業界自主規制みたいな)、日本のメジャーミュージシャン(俺)さえ、それに言及するということこそ、今回の件についての俺の意見とさせてもらいたい。
今回のことだけを、皆で語ろうと言ってるのではなく。
これをきっかけに(中国に対してだけじゃなく)語る、時に熱く語る、時に喧嘩する、くらいの議題になってきたのでしょう、自国の行く末は。
ほんまよ。
俺が学生時代は、エコロジーなんていう言葉はとケチは、ほぼ同義語だったんだからね。
たとえば、ガソリンをバンバン使う高排気量の車がなにより価値がある的な。
高度成長時代、そしてバブルの名残の名残みたいなのが、因島の俺にも影響してたのか。
それが、たかだか20年弱で、エコロジーはECOという表記に変わり、時代の最先端になってるという。
これはいい変化だけど、同じように言葉は変わるんです。
ということは、中学生の君が、まあ、就職した会社で係長になるくらいの近い未来に、戦争というのが、正義や国益という言葉と変わらぬ言葉になっていないとも限らない。
でしょう?
そうならんために、戦争は戦争というネガティヴな言葉のままにおいとくように、国益は周りの国を脅かして得るものではないという言葉であることをそのままにしておくように、たった今どうあるべきかを、俺たちが語らんと。
この前にも、書きましたが、発言しないで、高校生だからとか、中学だから、よくわからんから、関係ないから、誰かが解決するから、大人の問題だからと、逃げられてた時代は終わったんでしょう。
過激なことを言ってるつもりもないです。相手がどうしたかは、二番目三番目の事項で。
これについて話すことが重要です。
新聞を読むことです。自分の所属する組織(この場合、日本)がどんな風なのかわかります。
自分の家庭が、自分のサークルが、自分の仲間が、どういう扱いを受けてるかは興味ありますよね。
100円ちょっとなんで、明日の朝刊を買ってみるのはどうでしょう?皆で。


| | コメント (345) | トラックバック (9)

なんというか

とにかく、
論理的でも、
感情にでも、
インテリジェンスぶっても、
ヒーローぶっても、
とにかく、
それについて語らんと。

突き当たった未来の結果が戦争に行かんように。

だから、さしあってなら、ここのコメントに発言してみたり。
そう意味のコメント欄ですし、ここでなくても、このことに詳しくなくても、学生でも、なんでも、なんか発言をしないと、いけない時代なんです。皆が。一ミュージシャンの俺がしてるように、なにか。
過激でも品位があっても。
最終的に、理知的であろうとする必要はあるかもしれないけど、とにかく。

| | コメント (446) | トラックバック (13)

考えんと。

なんというか、これまでの何十年かと違う世界がスタートしたとこに、君と俺はいるというか。

俺が生まれてから、日本はずっとイケイケでしたが。
ここんとこ、そうじゃなくて。
まあ、そうなることも必然だとしても、
だからこそ、
ここまで久しくなかった、
日本国家、民族はどういうものになりたいかを、
市井のレベルで話す機会なんでしょう。
理想論というか。

ほら、どこまでいっても攻撃しようとかじゃなくてよ。
そこに,音楽の意味があったりして。

| | コメント (68) | トラックバック (3)

報道だけを信じると(一般論として)

えー、
じゃあ、
いくつかの交渉を拒否されて、
いくつかの交流が拒否されて、
いくつかの輸入輸出を制限されると、
こっち側が正当が、
相手の言い分に屈するということか?
わかるか、この事態の”異常さ”。
ちょっと待たんといけんよ。

あっちがどうしたかは次の理論だと思う。
こっちの正当を、身内を諭す必要はあろう。

次もなんかありますよ。当然。
いけんて。
自らを貫く正当がないと、本当にダメだって。
お互いあるもんだからね。
屈したら屈したで、それさえも曖昧に表現したら、ダメだと思うが。
そこを、曖昧にしたら、ダメよ。


あー、ちなみにコメントをなくしたの、更新上のミスでした。
どうぞ、多面からのご意見を。

| | コメント (85) | トラックバック (2)

2010年9月22日 (水)

中国

ねえ、そんなに強硬な態度だと蔑まれてる気になりますよね。
平和やら愛やらを語るのがミュージシャン。
政治問題なんかいらんよ。

|

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »