« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月27日 (火)

ラーメン屋 〜余談編〜

雨がしとしと。


こないだ、多摩川沿いの、何気ないラーメン屋さんに入りまして。
バイクを修理してもらってる間、昼飯時ということもあり目についてフラリと入ったラーメン屋。
今、都内によくある、オシャレラーメン屋でも、職人気取りラーメン屋でもなく、
俺みたいな、通りすがりのラーメン好きも、気兼ねなく入れるタイプの。
カウンターだけの。
醤油、塩、味噌、各味があるタイプの。
この時点で庶民的というか。
最近っぽいラーメン屋は、味としては一種類のところが多いからね。
つけ麺もやってますってトコはあるけど。
ここからは余談ですが、
職人気取り系の(都内の)ラーメン屋さんにありがちな
「スープ終わり次第、閉店」
という、うたい文句。営業時間をかいた看板の隅に書いてあることの多い。

ほう
、と。
なんか、こだわってそう。
スープがラーメンの命なんでしょうし、それを作るには量的に限界があるから、
なくなってしまうこともあるんでしょう。
。。。
まあ、それはいいや。
スープがなくなったら、ラーメンつくれんもんね。

でも、ですね。
そんなもん、どの料理店も一緒っていうか。
なんかの間違いで、予想より沢山お客さんが来て、指定の肉がなくなりゃ、
なんぼ24時間営業の牛丼屋さんだって、閉店するしかないだろうし、
餃子屋さんだってそうですよ。
料理店に限らず
ガソリンがなくなりゃ、ガソリンスタンドは閉店ですよ。
やむを得ず、営業ができない不測の事態があれば、ひっそりと、自戒の念だけをもって
その日は閉店すればいいのではないかと。


なにが言いたいか。

フツーすぎることを、声高にいってんじゃね?
セールストークとして、価値ぶっこいてんじゃね?
的な。
もし、そういう職人気取りのラーメン屋さんが、とてもお客さん思いで、
あらゆる可能性に責任を負おうとするなら、
「スープ終わり次第、閉店」の下に
「麺がなくなり次第、閉店」も書かないといけないだろうし、
「焼豚なくなり次第。。。」も
「メンマなくなり次第」も。
となれば、
「アルバイトの子が二人以上休んだら。。。」とか
「あんまりないけど、店主がネギ刻んでたら指切ってしまったら。。結構ひどくに」とか。
「店主の奥さんの実家の、親父さんがすこし血圧が高いけども、それが少し悪いんだけども、
入院するかどうか話してるけども、入院したらさすがに行かないといけないとしたら、
店休まないのとな。。」とか。

結論として、
おいしいスープをたっぷり作っといてね、という話ですよ。
余談でこの章は終わったので、
本編(そんなにたいした話ではない)は後日。

| | コメント (356) | トラックバック (27)

2010年4月19日 (月)

ハート チューニング

そろそろ、アレに向けて、体を作っていかないと。
アレ。
五月十五日から始まる、
ツアー。
普段から、ジムには行っていますが、
それでも、年がら年中、攻めたトレーニングもしんどいし、
自分にやさしいメニューでやる期間もあるわけですが、
この時期になると、そろそろ本気出して、
ウェイトトレーニング以外にも、走ったりしだして。
でも、アレなのね。
しんどいからさ、時計を睨めつけながら走ってると、なかなか時間は経たないのに、
音楽聞きながらだとすぐ経つね。
なんででしょう。
ただ、曲のテンポと、走るテンポがズレると、落ちそうになります。

体のチューニングをそうやってやってるばかりではありません。


Jeffbeck


JEFF BECK@JCBホール
新しいアルバムが出たからね。前回、来た時も行ったけど、席が後ろというか上の方で、JEFF BECKのつむじばかりみてたから、今回は頑張ってとりました。
かつて、3大ギタリストのひとりと言われましたが、クラプトンもジミーペイジも、余生的な音楽活動をしている中、彼だけがJEFF BECKを極めようとしているかのように、聞きごたえ十分でした。「巧く弾く」の次の段階のプレイって感じ。
酔いしれましたよ。
フラフラです。

そして

Manafest君@渋谷クアトロ
カフェイレでも流しましたが。
プロのスケータを目指していたが、膝かなんか怪我して挫折。
その時に音楽に救われたという、
俺自身の経歴と、ほとんど同じという彼。
DJ MC Guitar Drums
という、変則的な布陣で。
オーソドックスばかりが良いわけでなく、
豪勢ばかりが、良い音楽を奏でるわけじゃなく、
いろんな可能性があって、いろんな音楽が生まれるんだなと。

と、心と耳のチューニングもやってます。

| | コメント (352) | トラックバック (27)

2010年4月 9日 (金)

kaossilator pro

昨日、アトリエにやってきたkaossilator(カオシレータ)。
Kaossilator
楽器です。
どういう楽器かというと、ギュイーンとかピヨーンとかいわせられる楽器です。
おもちゃ寄りの楽器ではなく、れっきとした楽器です。
というか、ある特定のジャンルによっては、
これ一台でトラックが作れるほど、優秀です。
今のデジ系の機材は、本当に何でも出来るのです。
どんな音が出せるかというと
ギュイーンとかピヨーンですが。
時々、ドドドドドドとかミョンミョンとかも出します。
ギターでもデジタル楽器でも、新しい機材は新しい刺激をくれるもので、
ちょいちょいいじってるくらいだけれど、
ビンビン(下ネタじゃありません)来てます。
ビンビン(下ネタじゃありません)と言えば小説。
いよいよ、装丁とか、出来てきてたり、出来てなかったり…。

| | コメント (483) | トラックバック (33)

2010年4月 2日 (金)

トモダチ

トモダチコレクション。

スタッフが持ってって、面白いって言うから、貸してみいって。

周りの人の似顔絵をサクサクと登録していると、

みんなは似ているという似顔絵が、

本人だけが不満で。

似顔絵を似せるためには、その人の特徴をある程度ディフォルメする必要があり、

他人が個性だと見ている特徴は、

本人にしたら、往々にしてコンプレックスで、

それはそれで、いいところも、

強調されるのを嫌がるのね。

トモダチコレクションで、トモダチをなくしたくないので、

僕のトモダチコレクションの住人は、特徴を薄めたのっぺりとしたトモダチと、

オバマとヨネスケさんです。

| | コメント (536) | トラックバック (27)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »