« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

コバルトブルーの海を眼下に

あー、南の島じゃわあ。
とっても。
南の島のホテルに着いて、最初にしたことは海に面した窓のカーテンを開けること。
窓を開けて、海辺ではしゃぐ声も聞こえてきますよ。
ほぼ弾丸ツアーだから満喫もしたいですよね。
短パンにも履き替えたいですよ。
南の島の唯一のストレスは、空港に着いてからホテルまでの、東京ファッション。
靴下も脱ぎたい。

そして

海風を頬にうけながら、Macを取り出し。。。

Macを取り出すのも、海風があれば気持ちいいわ。
電源を入れるのも、コバルトブルーの海が見えれば、さくっと立ち上がるわぁ。

そして。。。

海に面したドアを閉め

カーテンを閉め

そして

締め切りをとおに過ぎた

小説のファイルを開き。。。

パソパソパソ。。。

なぜ?

なぜ南の島で?

それはね

締め切りを守らないからだよ

と。

締め切りの神様が言います。

頻繁に会う神様です。。
なんなら、同じ日に二回会うことさえある神様です。

出ますから

出しますから

春には

小説。

| | コメント (580) | トラックバック (38)

2010年3月22日 (月)

天気のいい休日は

スピーカーをエイジングです。
ポルノのエンジニアの山内さんがオススメのウッドコーンっていうオーディオのエイジング。
去年の暮れに、導入して。
プロの人たちは、音を様々なスピーカーで確認するもんで、
たっかーいスタジオ用のスピーカーから、量販店で売ってるラジカセまで。
Sp

で、このエイジング
グローブに例えて簡単にいうとですね
買ってきたばかりのグローブは固くて使い難いけど
使っているうちに柔らかく使いやすくなる
ということでしょうか。
スピーカーも最初は、固く俗にいう”鳴っていない”状況。
それを、ある程度の音量である程度の時間、鳴らしてあげると
高音も低音も、”鳴ってくる”という。
それをなぜ休日かというと
僕のアトリエがあるビルは、事務所が多く
休日には隣上下と誰もいないため
大音量で、エイジングしても迷惑にならないということです。
小さい音では、スピーカーのコーン部分が揺れず、エイジングにならないので。
ちなみに、今の曲はPinkです。

車でもよく言われることですが、
乗る人の運転の仕方によって、微妙にクセがつくもので、
スピーカも、聴く音楽によって、鳴り方が変わるらしく、
俺色に染まれ的な。

迷惑をかけない様に皆さんもやってみたらどうでしょうか?

それとこれ↓

Mail
昨日と今日で。

| | コメント (587) | トラックバック (40)

2010年3月17日 (水)

60ST Relic BL #R41857

先月、仲間入りした黒ストラト。
ハンバッキングのギターをあれこれ探していたんだけども、
レスポール以外、あんまりそそられるものもなく。
バズフェイトン?だかなんだかの、チューニングシステムを知らなかったことで
楽器屋のメタル上がりの店員の兄ちゃんに、素人扱いされ。
ジャクソンやアイバニーズ、シェクターとかの、生き様を問われるギターを手にも出来ず。
それなら、いいストラトに、ハンバッカーPUを載せればいいんじゃないかと。
ストラトは僕の生き様の範疇なので。
で、ダンカンJBという、高校の時持っていたオービルbyギブソンのレスポールにも付けていたPUの
シングルコイルサイズを選んで。
JBはジェフベック。あのジェフベックが認めたPUならさぞ音も良かろうと、張り切って買ったものです。当時。
それを付ける改造から昨日帰ってきました。
白、白、黒、と列んでいる黒のやつです。
昨日、ちょっとした作業をアトリエでやってたんだけども、デモ作りだったから、
PODというアンプシュミレータを使ってて、いまいちよくわからなかった。
早くフル10にしたアンプで鳴らしてみたいものです。

Strat
かっこえかろ。


| | コメント (856) | トラックバック (43)

2010年3月14日 (日)

バービーボーイズ

バービー、良かったなあ。
Barbee
ラジオでも言ったけども、コンタさんも杏子さんも、他のメンバーも、格好をつけてるから格好いい。格好つけ続けてること自体が、格好いい。格好つけるのをやめたら、格好良くない。
オシャレをしている人がオシャレなわけで。なんとか改造計画で、オシャレに興味のないお父さんに、オシャレをさせても、今風の服を着ているというだけで、お父さんがオシャレになったわけじゃない。
と言う感じでしょうか?
別の日、
湘南乃風のライヴDVDを見たんだけども、本気なのがいいね。お客さんも。ガチなんでしょう。

| | トラックバック (48)

2010年3月 5日 (金)

デタッ!

DVDドライバーががたがたいってて。
CDやらDVDを入れて、読み込むところね。
MacBookProの。
ノート型パソコンの宿命と言うか、ボディの剛性が。少し歪むと、読み込む時、がたがた言い出して、時々、入れたCDやらDVDをペッて吐き出すんです。読み込みもせず。
今はちょっと無理って感じで。
うまくいくときもあるんです。
だいたいうまくいくけれど、時々無理って。
目をつぶれないこともないけれど、仕事でも使うので、できたら全部読み込んで欲しい。
ドライバーとして。
だから、修理できないかと店に持ち込んだら。
「あー、これだと新しいの買うのと金額的に変わりませんよ」

デタッ!

キンガクテキニカワリマセンヨ!

なんでなんなぁ。
時々、読み込めないだけで、後は不具合なんてない。
しかも、だいたい読み込めるのに。
新しいヤツ買うのと金額的に変わらんのな。
タイヤがパンクして修理出したら、車買うのと変わりませんよって言われたらびっくりしますよ?
どんだけ高いんな。
場合によっては喧嘩になるかもしれません。
という、不条理がなぜ電化製品系には横行しているのでしょう。
あの、オシャレ眼鏡の店員さんはあっさりいえるのでしょう。
このドライバーの修理が特別お金がかかるのでしょうか。
いつも、電化製品系の修理を頼むと、こういわれる気がしますが、気のせいなのでしょうか。

| | トラックバック (66)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »