« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月25日 (日)

初日

いや、はじまりましたね。8回目のツアー。
俺はプレライヴの17日から福岡にいるから、博多ラーメンを何杯食べたかっていうくらい福岡に馴染んでいますよ。
今日のライヴ映像を部屋でちょい酒飲みながらチェックしてます。明日以降に来てくれる人にも楽しんでもらえるようにみんなで頑張っていきますよ。
ちなみにトラックバックにライヴの内容がわかるヤツはしたらだめですよ。
大人なんでわかりますよね。

|

2007年3月10日 (土)

ちょっと前に思いました。

特に飯のことばかり書きたいわけじゃないけれど。

うちの近くにめちゃくちゃおいしいく丁寧に調理された和定食を食べさせてくれるカフェがありまして。

我々は生きていくためにたくさんのものを欲しがります。
落ち込んだ時などは特にそうです。
普段の生活のなかにはない何かを探そうとします。
誰からの優しさや、できるなら愛情。
自分が自分に贈る贅沢な時間もそういうものです。
そういうところに詞がうまれたりもしますし、マテリアルボーイの僕としてはそれは否定しません。

ただ、ただですよ。
俺は気付きました。
きちんと炊かれたごはんと、骨の間まで”しがんで”あげたくなるような愛おしい焼き魚の定食をお腹いっぱい食べると、幸せな気分になるんですね。

あ、今、自分が落ち込んでたりするわけじゃないです。楽しくリハをやってます。
俺達が大げさに語る悩みなどは、満腹の幸福感で解決するんだ。
複雑に思えて扱いにくい自分の心も、こういうかわいいとことあるんだなという発見。これは発見です。

それに対しての「ごちそうさま」

これまた大げさに語りたくなる言葉→言霊の一番素直な例じゃないかなと。
ちょっと前に思ったことでした。

|

2007年3月 7日 (水)

ビバ!出前

一人暮らしにとって、昼ご飯にはいつも頭を悩ませます。
仕事がある時は、マネージャーと一緒に食べたり買ってきてもらったりするし、晩ご飯は夜は仕事じゃなければ友達と食べればいいわけでしょ。
じゃあ、仕事のない昼ご飯はどうすんだ、というと選択肢が少ない。
昼ご飯を食べに街まででるのはめんどくさいし、家の近くですまそうにも、もはや着替えることさえもめんどくさい。
がんばって出かけたとしても、昼食時において社会的弱者である独身男性の単独での食事は、入る店にとても敏感にならざるを得ない。
OLさんが沢山いるような店には入れないし、カップルがいちゃいちゃしてるところにも入れない。自分が一人でいることが必要以上にわびしくなる。
ファーストフードは並ぶのが恥ずかしい、ラーメン屋にばかりもいってられない。
こういうこを鑑みると、晩ご飯まで我慢しようかという結果になることも多い。
しかーし!こうした危機的な状況を打破する画期的、抜本的な解決策を見つけました。
俺の一人暮らし史上、もっとも偉大な発見かもしれません。

出前。

なぜ、これにもっと早く気がつかなかったんだろう。
人の目を気にすることも、寂しい気持ちになることもなく、家にいながら好きなものを食べられる。
出前ばんざい。
出前というシステムを作った偉人にアディオス。

今、一番の出前は「チャイナクイック」。

|

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »