« ハマスタに向けて緊張状態のリハーサル | トップページ | ペタンと押しました。 »

2006年7月28日 (金)

お魚様。

ライヴの次の日、なんか金魚でも買いたいなぁと思い立って近所の熱帯魚屋さんに行った。
小さい金魚鉢を寝室においたら気持ちよく寝れるかなぁと思って。
店に入ってからしばらく魚を眺めていると、窪塚洋介さんみたいな若い店員さんが近寄ってきて、
「おにいさん、何か探してますか?」って。おにいさんって。
「あー、小さい魚でも飼えたらなぁと思って。」
!!
!!!
今わかった!!このブログ書いてて今気付いた。
金魚を買いに行ったはずの店から出てくる時に、150リットルの真水や魚用のクーラーを抱えて出ていた自分の姿の謎が!!
今、寝室にある枕元までせまる水槽とその中で泳ぐ、派手な魚達の謎が!!

あー、俺、ここで「小さい魚」って言っちゃってたんだ‥。
そうか。
「金魚」って言えば良かったんだ‥。

「この子なんてどうです?初心者でも飼いやすいですよ。」と店員。
店員が指差した魚は金魚ではなかったが、かわいらしい熱帯魚だった。
「はぁ、綺麗ですね。これは小さい水槽でも飼えるんですか?」
「そうですね、飼えなくはないけど、この子達にとってはなるべく大きな水槽のほうが幸せですよ。」
ほう。

で、金魚鉢売り場から水槽売り場へ。

「まあ、このくらいですかね、寝室におけるとしたら」と言って、それでも小さな水槽を指差した俺に対して、店員さんがおもむろに俺の全身を見まわして‥
「おにいさん、服もそうだけどセンス良さそうだから、ぜったい珊瑚とかいきますよ。珊瑚はでかい水槽じゃないと。」
えっ?!
俺の服のセンスはどうだかわからないけども、センスのいい人は珊瑚を飼うの?
俺の人生の中で「センス」というWordと「珊瑚」っていうWordがおなじ一つの文章の中に出てきた事ないわ。
知らなかった。
センスを褒められたから気を良くした訳では決してないんだけど、決してないはずなんだけど、いつの間にか金魚鉢は幅60センチの水槽に。
金魚は聞いた事もない名前の魚に変わっていた。

先に書いたように温度に敏感な熱帯魚の為に魚用のクーラーも買いました。水を冷やすのね。
その機械からでる暖かい風のおかげで寝室は暑いです。
でかい水槽の分、寝室が湿気ています。
しかし、一度水を入れた水槽はとても重く動かす事は出来ません。
ふぐの種類は口元に冷凍エビをピンセットで持っていくのですが、食べてくれません。

やっぱり、どうしてこんなことになったのかわかりません。
みなさんも気をつけてください。
たった一言でこんなにも人生は変わるという事を。

いずれは魚が好きって言ってたマネージャー大輔の家にフルセット送りつけてやろうと思います。
それまでは、お魚様の為に生きていこうと思います。

|

« ハマスタに向けて緊張状態のリハーサル | トップページ | ペタンと押しました。 »