« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月30日 (日)

ペタンと押しました。

昨日今日と伊豆にツーリング。
なぜ早くバイクに乗らなかったのかと思うほど、夕暮れの海沿いの道や晴天の山道は気持ち良かった。
バーベQもしましたしね。
何より仲間と走ってる感じがいいね。
来月、自分のバイクが出来てくるやいなやツーリングに行けるよう、今から計画しとかなきゃ。
俺はとりあえず、今年の夏の思いでスタンプは押しましたよ。
このスタンプ制度。俺がよく飲んでる時に話したりする事なんだけど、人生はスタンプラリーだと。
そしてこのスタンプはベタな事の方が大きいのがもらえるんです。

例えば夏に海岸で花火。これは中ぐらい。
東京に来たら東京タワーには登ってみる。これ中の上。そこに実際にあるスタンプじゃなくてよ。
付き合って何年もになる恋人に何もない日に花束のプレゼント。これはでかいよ。
もちろん、小さくても数が多いほどえらいので、花見、花火大会、などでももらえます。
そしてちょっと違う色のスタンプになりますが、世界遺産をめぐるだとか、その時期にしかない万博に足を運んでみる、でももらえます。
この他にも数限りなくあるので、みなさんも集めてみてください。そもそも自分で決めれるものですし。

また俺なりのルールを詳しく説明しますよ。

桜丘人生のスタンプラリー協会 認定委員長 新藤晴一

で、ハングリーなふぐの話。

教えられた通りピンセットで顔の前まで冷凍の餌を持っていくのですが、逃げ回るばかりで、
「もうええ」
とばかりに水槽の中に、その餌を投げ入れたらバクバク食いました。
なんだよ。

|

2006年7月28日 (金)

お魚様。

ライヴの次の日、なんか金魚でも買いたいなぁと思い立って近所の熱帯魚屋さんに行った。
小さい金魚鉢を寝室においたら気持ちよく寝れるかなぁと思って。
店に入ってからしばらく魚を眺めていると、窪塚洋介さんみたいな若い店員さんが近寄ってきて、
「おにいさん、何か探してますか?」って。おにいさんって。
「あー、小さい魚でも飼えたらなぁと思って。」
!!
!!!
今わかった!!このブログ書いてて今気付いた。
金魚を買いに行ったはずの店から出てくる時に、150リットルの真水や魚用のクーラーを抱えて出ていた自分の姿の謎が!!
今、寝室にある枕元までせまる水槽とその中で泳ぐ、派手な魚達の謎が!!

あー、俺、ここで「小さい魚」って言っちゃってたんだ‥。
そうか。
「金魚」って言えば良かったんだ‥。

「この子なんてどうです?初心者でも飼いやすいですよ。」と店員。
店員が指差した魚は金魚ではなかったが、かわいらしい熱帯魚だった。
「はぁ、綺麗ですね。これは小さい水槽でも飼えるんですか?」
「そうですね、飼えなくはないけど、この子達にとってはなるべく大きな水槽のほうが幸せですよ。」
ほう。

で、金魚鉢売り場から水槽売り場へ。

「まあ、このくらいですかね、寝室におけるとしたら」と言って、それでも小さな水槽を指差した俺に対して、店員さんがおもむろに俺の全身を見まわして‥
「おにいさん、服もそうだけどセンス良さそうだから、ぜったい珊瑚とかいきますよ。珊瑚はでかい水槽じゃないと。」
えっ?!
俺の服のセンスはどうだかわからないけども、センスのいい人は珊瑚を飼うの?
俺の人生の中で「センス」というWordと「珊瑚」っていうWordがおなじ一つの文章の中に出てきた事ないわ。
知らなかった。
センスを褒められたから気を良くした訳では決してないんだけど、決してないはずなんだけど、いつの間にか金魚鉢は幅60センチの水槽に。
金魚は聞いた事もない名前の魚に変わっていた。

先に書いたように温度に敏感な熱帯魚の為に魚用のクーラーも買いました。水を冷やすのね。
その機械からでる暖かい風のおかげで寝室は暑いです。
でかい水槽の分、寝室が湿気ています。
しかし、一度水を入れた水槽はとても重く動かす事は出来ません。
ふぐの種類は口元に冷凍エビをピンセットで持っていくのですが、食べてくれません。

やっぱり、どうしてこんなことになったのかわかりません。
みなさんも気をつけてください。
たった一言でこんなにも人生は変わるという事を。

いずれは魚が好きって言ってたマネージャー大輔の家にフルセット送りつけてやろうと思います。
それまでは、お魚様の為に生きていこうと思います。

|

2006年7月21日 (金)

ハマスタに向けて緊張状態のリハーサル

最近、というか常々の悩みが、職業ロックンローラーなのに自分が中途半端な常識人であることなんです。これはよく僕が口にする事なので知っている人もいるかもしれません。
で、今回もその例に漏れず、ハマスタのリハーサルが続く中、それに迷惑をかけないように早起きに早起きを重ねて通い続けた教習所で、やっと‥やっと‥、
とったどー
大型二輪。まさに今日、卒業検定に受かった。
前、ラジオで報告したのは中型二輪ね。
教習所に通い続けた日々にブログに書いたら面白い事いっぱいあったの。
でも早寝早起きの生活の中、なかなかPCに向かう時間がなかったの。
例えば今日のおもしろ話で言うと、卒業検定の時って一緒に受ける人は同じ目標に向かっているから仲良くなりやすいのね。
で、その中で一番話した、たぶん25歳くらいのいけてる男子と「緊張しますね」なんて話してたの。
で、試験が終わった後の待ち時間で彼が「何のお仕事されてるんですか?」って聞くから「音楽です」って答えるよね。
じゃあ「僕、美容師で今、30代のリーマンっぽい(リ−マンって言い方もどうかと思うけど)のカットモデルを探してるんですよね。明日とか暇じゃないですよねぇ?」って。
確かにド緊張の検定だったから動きやすさメインでオシャレなんてしてはなかったけれども。
「明後日からライヴなんですいません」って断りはしたけど。
やるよ、なんなら。7・3分けだってするよ?

うーん、ここんとこブログを書いてない分、たくさん皆に話したい事はあるのだけれど、明後日に備えて寝る時間です。
今日もライヴに向けての準備をしていたんだけど、たくさんのスタッフのたくさんの意見や経験や情熱やなんかで、例えば僕らが出した小さなアイデアも、見違えるほどのものとなってる。

今まで以上に初日が楽しみ。
横浜なんて遠くて行ける訳ないじゃんっていう人もたくさんいると思うの。

チケットたけーよ、とれねーよっていう人もいると思うの。
それはそれで申し訳ないと思う気持ちも当然あるけれども。
それとは別の考え方で。
来れない人が羨ましがるような素敵な時間にしたいのよ。ライブの時間は。
今回は来れなかった人がいつか来てくれることがあったとして、そんときに来れなかった人は残念ねって自慢できるようなライヴをね、やってたいの。
心意気として。
常に。

 

|

2006年7月14日 (金)

あちー。

夏気分を自己演出でむりくり盛り上げようとしているけども。
コンビニで、辛いチリコンカンなんていうメキシコ料理みたいなの買って、日々努力していたんだけど。
そうしないと、ぬるっと夏が過ぎてしまいかなぁと思ってたんだけど。
無駄だった。
夏は無遠慮に、でかい態度で現れてた。

あちー。
あちー。

明日のAP bank Fesのリハで野外ステージで演奏したんだけど、あちー。
大阪のアマチュア時代にストリートライヴを真夏にやってる時を思い出した。
何があついって、ギターが熱いの。あちーの。

もうすぐそこに迫ったハマスタのライヴに来てくれる人は、今日からクーラー禁止ね。たぶんその日も暑いよ。体を慣らしてこないと倒れると思うよ。
俺も。


|

2006年7月 1日 (土)

タイムカード押すみたいな更新2

さあ7月です。
梅雨があけてなかったり、もう既に寝苦しい夜もあったりしましたが、7月という響きは夏なので、今日から夏気分になりましょう。
学生の皆さんは、衣替えだ夏休みだと、まわりから夏気分を盛り上げられますが、大人になると自分で盛り上がらないと、なんかぬるりと季節の変わり目が過ぎてしまいます。
だから今日から浮かれようと思います。
無理矢理にでも浮かれようと思います。

|

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »